Fuji pharmacy Omori


Fuji pharmacy Omori

title:Fuji pharmacy Omori
Floor area:75.6㎡
Photo:Nacasa & Partners

主に山梨県において調剤薬局を運営する株式会社フジが都心型店舗として大田区大森に新規展開する調剤薬局です。 設計において第一に考えたことは、待合室により多くの居場所を設定することでした。具体的に家具の名称で表すならば、ソファ/オットマン/テーブルと背もたれ付きチェア・およびスツール/ハイカウンターとハイスツール。約20㎡の決して広くはない待合室に、さまざまな着座姿勢を用意し、来客者が多くの選択肢の中から自分の気分や身体の具合に合わせて自由に居場所を選べるように留意しました。 素材の選定や全体の構成においては「静けさ」や「優しさ」が感じられるように意図し、また上方から柔らかく降り注ぐ光に癒やしのイメージを重ね合わせました。 最終的に処方される薬と合わせて、柔らかい光に満たされたこの待合空間で時間を過ごすこと、それ自体が来客者の身体回復の一助となることを願っています。 「富士薬局 大森店」 オープン:2014年4月9日 設計:小川都市建築設計事務所 小川裕之 岡本恵利佳 床面積:75.6㎡ Photo:ナカサ&パートナーズ


The dispensing pharmacy opened in Ota-ku, Tokyo. The owner, Fuji Pharmacy Company, also owns several pharmacies in Yamanashi prefecture. As for design, we gave first priority to set more places to stay in a waiting lounge. Concretely speaking, we assumed the following furniture to place, namely, sofa, ottoman, table with chair and stool, high counter and high stool. We paid attention to provide options for customers to choose where to sit, up to their feelings and forms although the lounge has around 20㎡ floor area and it’s not so large. We carefully chose materials and composed space to have customers to feel “tranquillo” and “kindness”. Light from above give an image of heeling. We hope customers to make a recovery from both prescription drugs and the lounge itself. (Hiroyuki Ogawa) 【Fuji pharmacy Omori】 Open:Apr. 9th, 2014 Designer:Hiroyuki Ogawa Architects Inc Hiroyuki Ogawa Erika Okamoto Floor area:75.6㎡ Photo:Nacasa & Partners

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!